大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • トピックス
  • 【第12節・結果速報】京都フリークス、スーパースターズが、それぞれ快勝‼︎

【第12節・結果速報】京都フリークス、スーパースターズが、それぞれ快勝‼︎

2015/02/10

第12節は、天理・親里球技場でカテゴリーAの2試合が行われました。
第1試合の東宇治対京都フリークスの京都ダービーは京都フリークスが勝利。
第2試合の京都アパッチ対スーパースターズはスーパースターズが勝利しました。
勝利したチームは共にトライ4で勝ち点5を獲得しました。

試合結果速報は以下の通りです。


【日付】 2015年2月8日(日)

【試合会場】 奈良・宝ヶ池球技場
第1試合 13:00KO
東宇治クラブ      7(前7T1G1P0D0 後0T0G0P0D0)
京都フリークス 38(前12T2G1P0D0 後26T4G3P1D0)
【MOM】7番 森田耕平 選手(京都フリークス)
【寸評】
前半、ゲームの流れを京都フリークスが掴み優位に立つが、東宇治は粘り強いディフェンスで応戦。京都フリークスが優勢に進めるも、厳しいディフェンスに決定力を欠き、結果的には5点リードで前半を折り返す。
後半も京都フリークスの流れで始まる。後半13分に東宇治が痛恨のシンビン。そしてこの試合のポイントとなるプレーが生まれる。後半14分に京都フリークスの森田耕平が自陣22m付近からの70mの独走トライ‼︎
このプレーで京都フリークスが完全にこの試合の流れを掴む。
そして試合終了間近にも立て続けにトライを奪い勝利を手にした。

第2試合 14:40KO
京都アパッチRC  10(前3T0G0P1D0 後7T1G1P0D0)
スーパースターズ 34(前22T4G1P1D0 後12T2G1P0D0)
【MOM】2番 庄村和真 選手(スーパースターズ) 
【寸評】
前半からスーパースターズが流れを掴む。ペネトレイターの2番が効果的なラインブレイクからバックスラインに展開しトライを奪う。京都アパッチはダイレクトタッチが2本と前半にエリアマネイジメントに苦しむ。しかし、後半途中からは、京都アパッチが奮闘する。バックスリーの豊富な運動量で流れを掴む。そして、スーパースターズが後半22分、後半33分に立て続けてシンビンを犯してしまい数的不利をなり苦しい状況になる。
しかし試合終了間近にスーパースターズの厳しいディフェンスからのターンオーバーをし、駄目押しのトライで勝負あり。スーパースターズが勝利を手にした。